ヴィータ会則
第1条〔名称〕
本クラブは、ウェルネスクラブ ヴィータ(以下、本クラブという)と称します。
第2条〔所在地〕
本クラブの所在地は大阪府吹田市千里万博公園1‐5 ホテル阪急エキスポパーク内におきます。
第3条〔運営〕
本クラブはホテル阪急エキスポパークを経営する株式会社阪急阪神ホテルズ(以下、会社という)が、その運営・管理をします。
第4条〔目的〕
本クラブの目的はスポーツを通じて心身の健康維持増進を図るとともに品格ある社交機関たることを目的とします。
第5条〔会員〕

本クラブの趣旨に賛同するもので会社が認めたものを本クラブの会員とし、その種類は次のとおりとします。

[個人会員] 個人を対象とし記名式とします。(種別については第7条)
[法人会員] 会社単位5名無記名式とします。
第6条〔入会資格〕
【1】本クラブ会員は会則、細則に従うこととします。
【2】本クラブの会員は次の各号に該当することを要します。
a 18才以上(高校生除く)で心身ともに健康で、過去に重大な病歴等がないこと。
b 本クラブ会員としてふさわしい品格と社会的信用を有すること。
c 刺青などをするなど本クラブ会員として会社が不適当と認める事由がないこと。
d 自己の健康管理能力を有すること。
【3】前二項の定めは、法人会員についても適用します。
第7条〔会員種別〕
本会員の種別は個人会員7種、法人会員1種とします。なお、次の区分以外の本会員を募集することがあります。
【A】個人会員
1 フルタイム会員(利用料なし、曜日、時間に制限なく利用できる会員)
2 フルタイムR会員(1回ごとに利用料が必要で曜日、時間に制限なく利用できる会員)
3 デイタイム会員(利用料なし、平日のみ18時まで利用できる会員)
4 デイタイムR会員(1回ごとに利用料が必要で平日18時まで利用できる会員)
5 シーズン会員(利用料なし、曜日、時間に制限なく利用できる3ヵ月間の会員)
6 フレックス4会員(利用料なし、曜日、時間に制限なく利用できるが1ヵ月の利用回数を4回に限定した会員)
7 フレックス10会員(利用料なし、曜日、時間に制限なく利用できるが1ヵ月の利用回数を10回に限定した会員)
【B】法人会員
1 法人会員(利用料あり、会社単位、無記名5名一口とした会員)
第8条〔入会手続き〕
1 クラブに入会を希望される方は、本会則および細則を承知の上、所定の入会申込書に必要事項を記入押印の後、入会金・年会費を納入していただくこととします。
2 ホテルはその裁量により入会申込を承認、または承認しないことができ、承認しない場合、その理由を明示しないものとします。
3 入会申込者は入会承認されなかった場合、一切ホテルに異議・苦情を申し出ることができないものとします。
第9条〔入会金〕
入会金はいかなる理由があっても返還いたしません。
第10条〔休会〕
1 会員が長期出張または病気・転勤・転居その他正当と認めれる理由により6ヵ月以上会員としての権利を行使できないとき、その会員は当該休会届けを提出することにより、クラブを休会することができることとします。
2 休会期間中は休会費6,000円を納めていただくこととします。
3 休会届は事前または事由発生後10日以内に提出していただくこととします。
4 休会中の会員は休会事由がなくなったとき、いつでも復会届を提出して復会できることとします。
5 休会中の会費は次年度分より控除しますが、控除額は最大半年分とします。
第11条〔会員資格の喪失〕
1 会員が死亡されたとき。
2 経営上やむを得ない事由により、本クラブ施設の全部を閉鎖したとき。
3 諸会費・諸費用の支払いを怠ったとき。
4 会員が退会を申し出られたとき。
5 法人会員が解散されたとき。
6 本クラブの定める会則に違反したとき。
7 本クラブの名誉・信用を傷つけ、また本クラブの秩序を乱したとき。
8 その他、会員としての品位を損なうと認められる行為があったとき。
9 シーズン会員は、最終利用月から1年を経過して利用が無い場合は会員資格の喪失とみなすこととします。
第12条〔退会届〕
会員が本クラブを退会する場合、会員・相続人代表者もしくは法人の清算人は、カード添付の上、退会届を本クラブへ提出することとします。
第13条〔会員資格の譲渡および名義変更〕
会員が、第三者に会員資格の譲渡および名義変更することはできません。ただし、同居の家族または配偶者・子供・親に限りこれを認めます。
第14条〔施設の一時閉鎖・一時休業〕
次に該当する場合、諸施設の全部または一部の閉鎖、もしくは休業することがあります。予め予定されている場合については、1週間前までに会員に対しその旨を告知します。ただし、これにより会員の会費支払義務が軽減されたり免除されることは原則としてありません。
1 気象災害、その他外因的事由により、その災害が会員におよぶと判断したとき。
2 施設の増改築、修繕または点検によりやむを得ないとき。
3 定期休業によるとき。
4 その他、重大な事由によりやむを得ないとき。
第15条〔会員証〕
会員には会員証を交付します。本クラブを利用するときは必ず係員に提示することとします。記名本人以外は使用できません。
第16条〔会費〕
会員は、別途、定める会費を本クラブが定めた期日までに前納しなければなりません。一旦、納付された会費はいかなる理由があっても返還いたしません。
第17条〔責任事項〕
1 会員は自己の責任において、本クラブの施設を利用することとします。
2 会員が本クラブの諸施設を利用中に生じた人的・物的事故・盗難については、ホテルは一切責任を負わないものとします。ただし、ホテルに故意または重大な過失があった場合は、この限りではありません。
3 会員は本クラブの諸施設の利用中、自己の責任に帰すべき事由により会社または第三者に損害を与えた場合は、速やかにその賠償の責に任ずるものとします。
4 会員は諸施設利用についてホテルが定める本会則・諸規則ならびに係員の指示を守るものとします。
第18条〔専用施設の範囲〕
1 トレーニングジム・スタジオ・プール・浴室・ロッカー・サウナ・休憩ラウンジを利用できます。
2 岩盤浴・マッサージは有料で利用できます。
3 法人会員証を利用できる方は第6条(入会資格)の条件を満たしている方に限ります。
4 本クラブは施設の利用状況に応じて会員以外の方が利用することがあります。
第19条〔運営関与の禁止〕
会員は本クラブ運営に一切、関与することができません。
第20条〔会員の個人情報〕
入会時にご提出いただいた個人情報は別途定めるヴィータプライバシーポリシーに則り運用します。
第21条〔細則〕
本会則に定めのない事項および業務上必要な事項は、細則・利用規定等によるほか、必要に応じて本クラブにおいてこれを定めることができます。
第22条〔改定〕
本会則の改定、変更は本クラブの定めるところによるものとし、その効力は全ての会員に及ぶものとします。
   
【ウェルネスクラブ ヴィータ細則】
 

第1条〔入会金・会費・利用料〕
入会金・会費・利用料・利用条件については別途定めます。

第2条〔入会金・会費の支払い方法〕
会費の支払いについては一括払いとし、預金口座自動振替とします。ただし、入会金は現金支払いとします。

第3条〔会員種別の移行〕
会員は種別移行ができます。ただし、その場合は、移行を希望する会員種別の入会金ならびに年会費の差額を払い込むことを要します。(納入済の入会金・年会費との差額が生じても返金しません。)

第4条〔レンタル用品および料金〕
レンタル用品および料金は別途タリフに記載します。

第5条〔変更事項〕
会員は、住所または連絡先、その他、届出事項に変更のあった場合は速やかに変更届を提出してください。

第6条〔料金等の改定〕
本クラブは、一般経済情勢の変動および経営上必要のある場合には入会金・会費・利用料等を変更することがあります。

第7条〔営業時間および定休日〕
1.平日(月土)10:0022:00(最終入場21:00)
2.日曜・休日   9:0021:00(最終入場20:00)
3.定休日
・毎月第3月曜日(ただし休日にあたる場合は営業し、他日に振替えることがあります。)
・原則としてトレーニングジム・スタジオは年末・年始休業とします。
・その他、施設点検等で臨時に休業する場合があります。

 

2007年4月現在